RSS | ATOM | SEARCH
漢方で温活しませんか?3つのポイントとは?

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちは。

漢方薬剤師のキリコです。

 

今年の冬は暖かく過ごしやすいですね。

しかし・・・少しずつ寒くなってきました。。。

本格的に寒くなるのはお正月過ぎてかな?

 

この時期になると増えてくる「冷え症」のご相談。

手足が冷えてツラいという女性は多いのではないでしょうか?

 

冷えの原因はさまざまですが、「冷えて当たり前」と思わないこと!

昔から「冷えは万病のもと」と言います。

「冷え症」を放置しておくことは、血行不良が続いていることを意味します。

 

「ソックスを重ね履き」

「腹巻をしている」などの対策をしている方。

外から温める冷え取りよりも、中から温める方が早く、効果的ですよ!

漢方の力を借りて温活してみませんか?

 

◆中医学による冷え対策3つのポイント◆

養血(ようけつ)…体の栄養となる血をたっぷりと補う

活血(かっけつ)…体の隅々まで血をめぐらせる

補腎(ほじん)……生命の源である腎の機能を高める(ボイラーの役割)

 

※原因や体質によって対処方法・お薬は異なります。

 詳しくは専門家にご相談くださいね(^^)/

 

 

 

漢方薬局 季然堂

定休日:日・月曜

営業時間:10:00〜19:00(土曜は18:00まで)

電話予約:088-821-8917

HPお問い合わせフォーム:http://kizendo.net/contact


※年末年始休業:12/29〜1/6

 

 

 

author:漢方薬剤師キリコ, category:漢方薬局, 13:46
comments(0), -