RSS | ATOM | SEARCH
春は自律神経が乱れやすい?

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちは。

ご無沙汰しておりました、漢方薬剤師のキリコです。

ブログの更新はご無沙汰でしたが、、、元気です。

 

すっかり春ですね。

木の芽ぶく季節、春は『気』が乱れやすい季節。

イライラしたり落ち込んだり、精神的に不安定になりやすい時期です。

実際、3月に入ってから「自律神経を整える漢方ってありますか?相談できますか?」というお問い合わせ・ご予約が増えています。

自律神経は交感神経と副交感神経という作用が相反する2つの神経からなり、この2つの神経がバランスよく働くことで、健康な状態を保っています。

この2つの神経のバランスが乱れると、「自律神経失調症」と言われる症状が出ます。

 

中医学で自律神経に最も深く関係するのは五臓の『肝』。

肝には全身に気を巡らせる働きがあります。

この肝の機能が低下すると、カラダ全体に影響が現れ

・イライラや憂うつなどの精神の不安定

・血圧の上昇

・頭痛

・胃腸の不調

・月経障害

・めまい

・手足のしびれ

など、さまざまな不調につながります。

 

肝を元気にする基本は、春にぐんぐん育つ草木のように“のびのびとした状態”を保つこと。

早起きして散歩や軽めのストレッチなど、積極的に身体を動かして、ストレスや老廃物などをスッキリ発散させましょう。

そう言われても、不調のために早起きする気力も、運動する元気もない。。。

そういう方が多いのも事実。

そんな方はまずは気軽に漢方を試してみていただきたいです。

「でも漢方ってすぐには効かないでしょ?」

いいえ、それは間違った思い込みです。

1週間服用で改善の兆しがみえ、喜ばれるお客様の多いこと✨

習慣性もないので、すっかり良くなればいつでもやめられます。

一箇所よくなれば、他にも「こうなりたい!」と欲が出てきて、別の漢方を継続して服用なさる方が多いですが(笑)

 

「自律神経に良い漢方」

といっても、体質や症状によっておすすめする漢方薬は異なります。

ご自分で判断なさらず、専門家にご相談くださいね。

 

 

漢方薬局 季然堂

定休日:日・月曜

営業時間:10:00〜19:00(土曜は18:00まで)

電話予約:088-821-8917

HPお問い合わせフォーム:http://kizendo.net/contact

 

 

author:漢方薬剤師キリコ, category:中医学の知恵, 10:49
comments(0), -