RSS | ATOM | SEARCH
板藍茶・板藍のど飴について

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちは。

漢方薬剤師のキリコです。

 

通常は風邪やインフルエンザ流行の時期にご購入が増える『板藍茶』『板藍のど飴』。

現在、新型コロナウイルスの流行に伴い『板藍茶』『板藍のど飴』へのお問い合わせが続いております。

いろんなお店に電話して問い合わせていらっしゃる方も。。。

全国的に品薄になっており、当店も入荷数が制限されております。

 

 

たしかに板藍根には抗ウイルス作用があります。

しかし新型コロナウイルスは未知のもの。

現状では新型コロナウイルスも寄せ付けない、とは言い切れません。

 

 

新型コロナウイルスについては、連日、Web勉強会で中国での実際の治療例などを中医学講師から学んでいます。

全国の漢方薬局仲間が300人とか。

仕事が終わって、22時まで勉強会。みんな頑張っています!

実際、中国では西洋医学での治療に加えて、漢方薬(中国では「中薬」と言います)での治療も併用率90%ほどで行われました。

併用することで重症化を防ぐ、などのデータ、論文も出てきています。

ポイントとしては初期に十分な量の漢方薬を使うことが重要だそうです。

 

で、板藍根。

実際の治療に使ったたくさんの生薬の中の1つに板藍根が含まれいる場合もありました。

主には初期は清熱解毒+宣肺の漢方、胃腸症状があれば化湿、重症化すると瘀血が生じるため活血の漢方を使用していました。

とても参考になりました。

 

では、予防には?

 

中医学には『扶正袪邪』ということばがあります。

 

正気を補い、邪気を取り除く。

板藍根は邪気を取り除くもの。

では正気を補う(免疫力を上げる)のは?

体質にもよりますが、人参や黄耆が代表的です。

基礎疾患のある方はそれに対応した漢方を服用することが免疫を上げることにもつながります。

詳しくは専門家にご相談ください。

 

板藍茶、板藍のど飴は不定期に入荷します。

現在、少しは在庫がございます。。。

 

私の両親はここ数年、1年中板藍茶を飲んでいます。

 

漢方薬局 季然堂

定休日:日・月曜

営業時間:10:00〜19:00(土曜は18:00まで)

電話予約:088-821-8917

HPお問い合わせフォーム:http://kizendo.net/contact

 

 

author:漢方薬剤師キリコ, category:中医学の知恵, 12:54
comments(0), -
Comment