RSS | ATOM | SEARCH
テレビ『ジョブチューン』で紹介されたぶっちゃけ話 その2

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちは夏

あっという間に8夏

7月はブログを1回しか更新できなかった、漢方薬剤師の谷季里子です寝る

7月は出張が多く、ヘトヘトになりました汗(言い訳ですべろ

 

さて、前回のぶっちゃけ話に続き第二弾!(ちょうど放送から1か月ですけど汗

今回は認知症予防の第一人者である認知症専門医、浦上克哉先生のぶっちゃけ話。

 

「認知症を予防する簡単で効果的な方法は」…

ジャーン、ジャーン、ジャーーーーンラッパ

「ローズマリーの香りを嗅ぐこと」

 

かいつまんで書きます。

認知症は脳の海馬が障害されることで起きます。

海馬はにおいを感知する神経と密接に連携しており、嗅覚を刺激することで海馬も活性化され、認知症予防に繋がる。

ということでした。

 

なぜローズマリー葉なの?

浦上先生がいろいろ試して最も効果があったのがローズマリー、その中でもローズマリーカンファーという種類の香りが最も認知症予防・改善に繋がるということです。

 

さらに昼と夜で別の香りを嗅ぐとより効果的

昼はローズマリー(特にローズマリーカンファー)の香り、夜はラベンダーラベンダー(特に真正ラベンダー)の香りを。それぞれ2時間くらい嗅ぐと効果があるそうです。

 

お家ではアロマディフューザー使用をすすめられましたが、家にいる時間が短い方には首から下げて携帯できるアロマペンダントをおすすめされていました。

 

認知症で知られていないこととして、認知症といえば記憶障害が起こるので物忘れなどの症状に注意してくださいとよく言われますが、実はそれよりも先に現れる初期症状があります。

それはにおいがわからなくなることです鼻

一番最初にわからなくなるのはクサい嫌なにおい。認知症の進行に伴い、次第に心地よい香りもわからなくなります。

物忘れのチェックに加えて、においのチェックも大事ってことですね。

 

当店では浦上式アロマオイル昼用と夜用携帯用ディフューザー、番組内でも紹介されたアロマペンダント、さらに新しいタイプの衣類に貼る浦上式アロマシールもお取り扱いしております。

プレゼントにも喜ばれますよプレゼント

 

author:漢方薬剤師キリコ, category:漢方薬局, 18:29
comments(0), -
Comment