RSS | ATOM | SEARCH
せまりくる花粉の季節を漢方でラクに乗り切ろう♪

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちはにこにこ

おかげさまで花粉症とは無関係な漢方薬剤師の谷季里子ですピース

 

2月になり、ほんのり暖かくなって来るのと同時に、高知でもスギ花粉の飛散が始まっているようです森

3月にスギ花粉のピークを迎え、終わったかと思うとヒノキ花粉。

日本気象協会発表の情報によると、高知県では

スギ+ヒノキ花粉の飛散量が前シーズンと比較して200%以上になるということですびっくり

花粉症の方にとっては辛い季節がやってきてしまいましたね涙

 

そんなアナタにおすすめの漢方キラキラ

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は「衛気(えき)」の不足が原因と考えます。

「衛気」とは「体表を保護し外邪の侵入を防御する気」のこと。

簡単に言うとカラダに目に見えないバリアを張り巡らせているイメージです。

「衛気」が不足し、バリアが弱っていると、皮膚や粘膜からウイルスや細菌、花粉などの外的刺激が体内に侵入してきます。

 

ここで衛気虚(衛気不足)度チェック鼻息

 □風邪をひきやすい

 □疲れやすい

 □汗をかきやすい

 □低体温

 □皮膚の症状が出やすい

 □呼吸器系の症状が出やすい

 

当てはまる方は「衛気」を漢方で補って、自分の体は自分で守りましょう!

「衛気」を補う漢方薬の代表が『衛益顆粒』。

茶房スタッフも大好きなお薬です。そのおかげでお肌もツヤツヤですよ嬉しい

 

花粉予防だけではなく、症状が出てしまった場合にも漢方薬はおすすめですおすすめ

カラダに優しい、そして眠くならない車

車や機械の運転をなさる方や受験生も安心して飲めますコップ

 

早めの対策で今年こそ花粉症の季節をラクに乗り切りましょう音符

author:漢方薬剤師キリコ, category:中医学の知恵, 19:15
comments(0), -
Comment