RSS | ATOM | SEARCH
花粉症対策は立春から!

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちは鬼

漢方薬剤師のキリコです。

 

今日は節分ですね鬼

仕事中に父が恵方巻を届けてくれました恵方巻

豆まきの準備はできてません。こっちもどっかから届かないかなにやり

 

節分の翌日、明日は立春。

以前、中医師(中国の漢方医)から「花粉症対策は立春から!」と教わりました勉強

 

年々発症する人が増えているという「花粉症」。

暖かくなって気持ちのいい春が待ち遠しい春

と思う反面、またあの辛い花粉の季節がはじまるーーー鼻水

という方も少なくないのではないでしょうか。

 

中医学での花粉症の対策は「衛気(えき)」を充実させることです。

「衛気」は身体の表面を守るバリアのようなもの。

身体の防衛力、免疫力と言い換えることもできます。

「衛気」が充実していると、花粉やウイルスなどの「邪気」を寄せ付けず侵入を防ぎますストップ

「衛気」が不足し、バリアが弱っていると、皮膚や粘膜から外的刺激が体内に侵入してきます菌

 

「衛気」を強くする、おすすめの漢方薬が『衛益(えいえき)顆粒』

もともとの中国の処方名は『玉屏風散(ぎょくへいふうさん)』と言いますハードル

高貴な屏風(びょうぶ)を立てて身を守るという意味で名づけられており、身体の内側を強め、外敵から身を守る生薬が配合されています。

 

 

 『衛益顆粒』にはアレルギーを抑える免疫物質を増加させるという実験データも出ていますポイント

鼻炎の人や風邪をひきやすい人は、この免疫物質が明らかに少ないそうです。

 

毎年、つら〜い花粉症の症状でお悩みの方、騙されたと思って一度お試しくださいgood(決して騙しはしません)笑

まずは1週間など、少量からお試しいただいてもいいですよ。

実際、ほとんどの方がリピート買いなさいます笑

花粉症を発症しても、嘘みたいに軽い症状ですみますよ。

 

でも漢方って苦くてまずいでしょ。。。と思っていませんか?

いえいえ、大丈夫。

『衛益顆粒』は少し甘味のある優しいお味です。

主な成分はマメ科の植物で、お子様でも安心して飲んでいただけます豆

 

『衛益顆粒』があれば花粉症もこわくない音符

花粉症だけでなく、風邪をひきやすい方、鼻炎などアレルギー疾患のある方、敏感肌の方にもおすすめです!

妊婦さんの流産予防に使うこともあります。

 

気になる方はお気軽にご相談くださいませパンダ

author:漢方薬剤師キリコ, category:中医学の知恵, 17:13
comments(0), -
Comment