RSS | ATOM | SEARCH
その漢方薬、本当に効果がありますか?

JUGEMテーマ:漢方

 

こんにちは。

漢方薬剤師のキリコです。

 

先日、カフェにいらしたお客様が「漢方を煎じる時のお水の量を教えてください」と。

伺うと、痒みをとりたくてインターネットで「牛蒡子(ごぼうし:ゴボウの種)」を購入されたそう。

 

たしかに「牛蒡子」には痒みをとめる働きがあります。

でも痒みに効く漢方は他にもたくさんあります。

また、痒みの原因があるとしたら、まずそれを取り除いてあげる必要があります。

「痒み」の原因として中医学的にみると「血熱」「湿熱」「血燥」「風邪」などいくつかの原因が考えられ、取り除くのに使うお薬もそれぞれ違ってきます。

 

もちろん「牛蒡子」が効いて、思うように痒みがなくなってくれたら、それはそれで良いんですが。

 

 

この方だけではなく、専門知識のない方がインターネット検索を繰り返して「効果がある」と言われるものを購入して試す、というのはよく聞く話です。

「漢方は効果が出るのに時間がかかる」と思い込み、効果がなくても長期に飲み続けている方もいらっしゃるでしょう。

お薬が体質・症状に合っている場合、何らかの症状があればたいていは2週間も服用すれば効果を実感できます。

 

また、インターネットで販売できるものには限りがあります。

漢方の専門家がいる専門店でしか扱っていないものって多いですよ。

そう言われると、どんなものがあるのか気になりませんか?

 

ドラッグストアではどうでしょう?

ドラッグストアでも漢方薬をたくさん扱っているお店もあります。

でも果たして、ドラッグストアにいる薬剤師さんは、漢方を専門に勉強した方でしょうか?

 

本当に「よくなりたい」「早く改善したい」と思うなら、専門家に頼るのが近道だと思いませんか?

 

自力でひたすら検索・購入を繰り返す・・・

運が良ければ、ご自分に合ったものに出会えるかもしれません。

でもなかなか出会えない場合はとっても遠回り。。。

時間とお金の無駄使いをしているかも。。。

 

「漢方は高い」と思っている方も多いかもしれませんが、案外そうでもなかったりします。

検索→購入→失敗を繰り返している方!

専門家にご相談することおすすめします。

ご予算についても遠慮なく相談してくださいね。

 

漢方薬局 季然堂

定休日:日・月曜

営業時間:10:00〜19:00(土曜は18:00まで)

電話予約:088-821-8917

HPお問い合わせフォームhttp://kizendo.net/contact

author:漢方薬剤師キリコ, category:漢方薬局, 14:10
comments(0), -
Comment